落ち着いた古都の街|事前に知っておきたい不動産売却|必要な税金と納税の義務
住宅

事前に知っておきたい不動産売却|必要な税金と納税の義務

落ち着いた古都の街

手

歴史とともにある街

神奈川県の三浦半島の付け根にある鎌倉市、歴史史跡も多く残る古都です。週末ともなると日本ばかりでなく海外からも多くの観光客が訪れます。高徳院の大仏や建長寺など歴史を感じる建物があります。鎌倉は湘南の一部としても知られ海水浴や散歩を楽しむことができます。多くの作家や文人が移り住むようになり、文化の香りがする街でもあります。横須賀線の電化に伴い戦前から東京都市圏のベッドタウンとしても発展してきています。戦前から住宅開発が行われているので、昭和レトロな雰囲気を残す不動産物件もあります。高度経済成長期以降も鎌倉の住宅開発は進められています。古都の保存運動も盛り上がりを見せ、歴史と調和を保ちながら住宅開発がされています。

観光地と高級住宅街の側面

鎌倉と聞くと高級住宅街をイメージする人も多く、文化の香りを感じるユニークな街となっています。東京都心部への通勤となると横須賀線で一時間程度、毎日通うことを前提としている場合、通勤について考えを持っておく必要があります。現役世代の方が不動産物件を探す場合、鎌倉が観光地であるということを念頭に置いて物件を探す必要があります。高徳院などの観光地の周辺は休日や週末は大変混雑することになるので、観光地から離れた場所の不動産物件を探す必要があります。鎌倉市は古くから東京都市圏のベッドタウンとして開発されてきているので、新規の物件を含め中古や建て替えに適した不動産物件などが豊富に揃っています。東京へ通勤や通学をお考えなら、道路の渋滞を避ける意味でもJRの駅から近い場所がベストです。